見積額に対して大きな減額での回答

調査員に調査をしてもらい、保険会社に請求した見積もり額は約360万円でした。

しかし、保険会社からの回答は約150万円でした。

請求額に対して、約40%という事で過去最低のパーセンテージとなりました。
ここまで低い金額での回答が来るとは思っていなかったのでびっくりしました。

査定の詳細を保険会社から出していただき、内容を調査員の方に確認いただきました。

ある項目が全く認められておらず、それだけで100万円ぐらいの減額になっていました。
しかし、被害を考えるとゼロというのはおかしいのではないかというのが調査員の意見だったので、
週明けに保険会社に意見を出してもらおうかと思っています。

ただ、被害として認めるか認めないかは保険会社に委ねられますので、
最終的に保険会社が認めませんと言われたら、どうしようもないです。

動画を撮っていない限り、被害を証明する事はできないからです。

明確な基準も定められていないので、こればっかりは仕方ないですが、
なんとか200万円はこえてほしいなという気持ちはあります。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************



スポンサーサイト



保険請求をすると保険会社から解約されるの?

保険会社から解約される可能性があるから請求するのが怖いという方がいました。

いやいや❕❕

真っ当な請求なら大丈夫に決まってますよね。
そのための保険ですから 笑


ちなみに下記のような場合には保険会社から解約される可能性はあります。
➀告知義務違反
②保険契約の引き受け範囲を超える事となった時
③重大事由による解除

➀、②についてはちゃんと告知していれば問題になる事はないですよね。
③はどのような場合かというと故意に事故を発生させたりするような
いわゆる詐欺行為です。

真っ当な被害であれば請求をして、保険会社から解約される事はないです。

これほどまで請求する事に抵抗感が出てしまうのは本当に不思議ですし、
保険会社がうまくやっているなという風に思います。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

修繕後でも保険請求はできるの??

投稿が空いてしまいましたが、また本日よりできる限り毎日記事をアップしていきたいと思います。

修繕後でも保険請求ができるのかというところですが、これは保険会社次第です。
現地確認をする保険会社が多く、修繕後だと被害箇所を確認する事ができず、
判断ができないため、支払う事は難しいという保険会社が多いかもしれません。

私の祖母の家を4月に調査をしていただきました。
実は昨年の今頃に台風で被害のあった屋根を修理しておりました。
火災保険が適用できると知らなかったため、約40万円を実費で支払っておりました。

修理前の写真もなく、修理後の写真と見積もりや領収書があったので、
ダメ元で今回の調査の見積もりと合わせて、郵送してみました。

祖母は高齢で対応が難しいので、私が代わりに窓口になり、保険会社の人に説明をしました。
すると、奇跡的に修繕した箇所については満額支払いますとの回答がありました。
修繕する前の写真がないですが、大丈夫なんですか?と確認したところ、
被害がなければこのように修繕する事はないので、問題ないですと言われました。

終始電話口の対応もよく、とても良いイメージがつきました。
やはり良い保険会社に加入しておく事は大事ですね。
祖母の場合は何もわからず、たまたま加入していた保険会社が良かっただけですが。

他の保険会社で進めているものはありえないような対応をされているところもありますので、またアップします。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************














保険会社の闇⁉️この事実は知っておかないとまずいです‼️

興味深い記事がありましたので、共有します。

https://getnews.jp/archives/2538181

この記事を読んで皆さんどう思いますか❓

保険は万が一のために加入しており、何かあれば保険でカバーできると思っている方が多いと思いますので、衝撃だったのではないでしょうか❓
私もこの仕事をするまでは保険会社は味方だと思ってました。

ただ、起きてからでは遅いですが、今ならまだ間に合います‼️

どこの保険会社も無駄に保険金を払いたくないというのは同じだと思いますが、保険会社によってスタンスが異なるところがあります。

それは被害がある部分に対して、すんなり保険金を出してくれる会社と保険の対象だとわかっていても、否認してくる会社があります。

保険対象なのになぜ否認ができるのでしょうか❓
それは加入者の皆さんが保険の内容を理解していないので、保険会社は強気に対象にならないと言ってきます。
ほとんどの方はそう言われると言い返せず、泣き寝入りしていると思います。
プロ対素人なので仕方ないですよね。

その時にやはり保険や建物に精通している人にサポートをしてもらう必要があります。
これだけでだいぶ変わります‼️

保険会社に守られている、保険代理店の人は優しくいろいら教えてくれるという風に思っている方が多いかもしれませんが、これからはイメージを変えてください。

保険会社も保険代理店も保険金は出したくないです。保険代理店は顧客へ支払う保険金が多くなるとペナルティや料率が下がってしまったりする事があります。

なので、まずは第三者に相談をし、調査をする事がとても大事になります。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

調査、見積もりは全国無料?そんな事可能なの?

火災保険の調査や見積もりを全国無料でしますと伝えると
あとで交通費や人件費の請求が来るんじゃないの?と言ってくる方がいらっしゃいます。

そんな事は絶対にありません!!
ここがこの会社の強みです!!


なぜこんな事が可能なのか?

それは全国様々なエリアに調査員がいるからです。
現在全国に約50名の調査員がいます

例えば、東京で活動している場合、九州に調査に行ってくれと言われても
交通費が莫大にかかるので、無料では受けてくれないですよね。
しかし、東京にいても、九州の調査員がいるので、その人にお願いをすれば、
移動距離も少なく、無料で対応が可能となります。

現在、研修を行い、調査員を100人体制にするように進めているようです。
似たような事をしている業者は山ほどありますが、
ここまでの体制でやっているところは他にはないと思います。

また、事前に保険証書やgoogleマップで建物の状態の確認を行い、
被害がなさそうな場合は、お受けしないという選択も取っています。
移動代も人件費もかかるのでそれは当たり前ですよね。

上記のようにする事で無料を実現できております。
もちろん成功報酬はかかります。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************








火災保険会社によってどれぐらい保険金が変わってくるのか❓

今回は保険会社によってどれぐらい保険金が変わってくるのかを実績をもとにお伝えします。
以前からお伝えしてますが、どの保険会社に加入しているかは非常に重要です。
こちらをご覧いただけると納得いただけるかと思います。

ここでは具体的な保険会社名は伏せさせていただきます。
もしご自身の加入している保険会社がどれにあたるのかをお知りになりたい方はメールをいただければお伝えします。

こちらが一覧表になります。
戸建て、アパート、マンション、倉庫、工場などすべての建物を含めた金額になっております
また、保険会社によってサンプル数は異なり、各社数十件~数百件です。

20200506224628ea2.jpeg


この差は凄いですよね。
数倍、場合によっては数十倍の差が保険会社にあります。

ではなぜここまで差が出てしまうのか?
保険金の査定については明確な基準はないため、保険会社や担当者による裁量になります。
保険会社によっては請求金額からいくら保険金を下げるかがその人の評価になるようです。
そういった会社であれば、当然なんとかして下げようとしますよね。
ただこれだけの理由でこの差が生まれています。

もしこの中で下位の保険会社に加入しているのであれば一刻も早く、
保険会社の変更を検討した方が良いかと思います。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

保険会社によっては保険金で修繕が必須??

火災保険の保険金については基本的には修繕しなければいけないという決まりはないです。
しかし、一部の保険会社では保険金支払い後に修繕後の写真や領収証の提出を求めるようです。

無題

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

保険金を左右するのは施主の方の対応が重要

保険金の請求サポートをしますって伝えると何から何までこちらが対応してくれるんだという方がいらっしゃいますが、それは違います。
保険会社への連絡や対応は基本的には施主の方が対応する必要があります。調査員が保険会社とやり取りする場合もありますが、それはケースバイケースでタイミングもあります。
この対応で誤った事を伝えてしまうと本来出るべき保険金が全く出なくなってしまう可能性があります。

なので私たちは見積もり書を渡すだけではなく、その後の保険会社とのやりとりについても、ポイントを伝え、施主の方を教育します。
紹介者の中には、そういった部分を理解しておらず、ちゃんと伝えてあげていない事があり、スムーズにいっていない事があるようです。

紹介者についても火災保険の件を伝える際にそういった部分を始めに伝える必要があると思います。
あとで伝えるとそんな話は聞いてなかったから報酬を払いたくない、それなら請求したくないなどどなってしまう場合があります。

全然難しい話ではないので、しっかりポイントを伝える事がみんながハッピーにつながるので、そこは怠らずにしっかりやっていきたいですね。

このビジネスは誰でもできるの?

この火災保険請求ビジネスは特別な知識はいりません。
誰でも稼ごうと思えば稼げるビジネスです。
なぜか?

それは火災保険請求はノーリスクでする事ができるからです。
皆さん、何かお願いされてするかしないかは自分のリスクを考えますよね。
いくらメリットがあっても、自分にリスクがあればやるかやらないかを考えますよね。
例えば、100万円を払って、ジャンケンで買ったら500万円をもらえますっていう企画があればどうしますか?
たぶんやらない人がほとんどですよね。
それは100万というリスクがあるからですよね。
逆にリスクはゼロで50万円がもらえるかもしれないというものだったらどうしますか?
おそらくほとんどの人がやりますよね。

前者と後者、どちらのビジネスの方がやりやすいですか?
リスクリターンはおいておいて、圧倒的に後者ですよね。
この火災保険ビジネスは後者です。

なので、話せる人が多いほど儲かる事ができます。

個人的な見解としてはこのビジネスで稼げない人は他のビジネスをやっても無理だと思います。
それぐらいこのビジネスは簡単だと思っています。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************


火災保険料が2021年1月に再度の値上げ!?

2019年に火災保険は値上げしているのですが、2021年1月に再度値上げする可能性が高そうです。
近年、大阪や千葉で大きな被害が出ており、保険請求をしている人が増えている事が背景にあります。
おそらく今後は毎年のように大きな台風や大雨が来てしまうんじゃないかと思います。

では保険料を安くするためにはどうすれば良いのでしょうか?

単純なのは、値上がり前に長期で契約を交わしておくという事ですね。
長期契約をしておけば、その間にどれだけ値上がりしていこうが影響を受ける事はありません。

あとは必要のない補償を外すという事です。
これは素人が判断するのは非常に危険です。
判断を間違えると本来必要であるものを外してしまう事もあるので、あまりおすすめはしません。
やるとしたら設定している保険金額が妥当かどうかの見直しかと思います。
もしかすると必要以上に高い設定になっているかもしれません。

また、保険料の安い保険会社に乗り換えるという事も考えますが、
これは一番おすすめしないです。安かろう悪かろうになってしまったら、火災保険の意味がなくなります。
万が一の時の補償なのに、万が一の時に全然保険金が下りないというケースもあります。
直接の知り合いではないですが、昨年の千葉県の被災でけっこう被害を受けていたにも関わらず、
保険金はたったの5万円だったという話を聞きました。
そもそも保険内容なそのような条件になっていたので、どうしようもないです。
この事実をわかっていたら、そもそもこの火災保険に加入してなかったかもれませんよね。
高ければ良いというわけではないですが、良心的な保険会社を選定し、必要な部分を手厚くして加入する
これが一番です。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************
















なぜ自分で保険請求をしない方が良いのか?

成功報酬を払うのが嫌だから、自分で保険請求をしようとする方がいらっしゃいます。
その気持ちももちろんわかります。

しかし、自分で請求しようと思ったら、まず何をしますか?

おそらくほとんどの方が、保険会社に連絡をする、もしくは保険代理店に連絡をするのどちらかを選択すると思います。
その場合、どうなるかというと保険会社もしくは保険代理店から調査員が紹介され、その人が見積もりの作成を行います。
何度も言っていますが、保険会社も保険代理店もできる限り、保険金を支払いたくないというのが本音です。
もちろんその思いは調査員には伝わっておりますので、調査員は最低限の見積もり書を作成します。

仮に所有者の方から指摘された部分でも被災箇所があったとしても、
それを親切に教えてくれる調査員はまずいないんじゃないでしょうか?
調査員も保険会社や保険代理店に切られたら困るので、わざわざ教えないですよね。

なので、第三者に依頼する必要があります。
成功報酬を支払ったとしても、保険会社や保険代理店に依頼するよりは
手残りの金額は大きい可能性が非常に高いです。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************







伝え方の重要性

このビジネスを伝えるにあたり、伝え方を間違えると不信感を与えてしまいます。
不信感を持たれるポイントは大きく3つあると考えます。
①保険請求ビジネス
保険金が絡むと怪しいイメージがあります。実際、このビジネスでも詐欺まがいな事をしている業者もあります。例えば、被害がない建物を故意に傷をつけ、被害を演出するような業者もあるようです。
また火災保険イコール火事という先入観が強いので、なんとなく怪しい事をしているんじゃないかと思われる事もあると思います。
これを払拭するためにはどのような資料やエビデンスを元に説明をするかが重要になってくるかと思います。

②成功報酬
成功報酬として保険金額の50%を支払う事に対して、普通に伝えるだけではほぼ全員が高いという印象を受けます。しかし、請求できる事を知らなかった人達はこの事実を伝える人がいなければ保険金を受け取る事はできないわけです。この伝える事の価値をどのように伝えるかがポイントです。
また、他社では30%ほどの成功報酬でやっている業者もあります。しかし、ほとんどの業者は保険証書を理解せず、明らかに該当しない部分を請求する事もあります。そうなれば大きな減額をうけてしまう事もありえます。%が低くても保険金額が小さければ意味がありません。
また、業者によっては成功報酬を受け取り、さらにリフォームを受注し、そこでも大きな利益を得るケースもあります。トータル的に考えれば50%を超えているような業者もあるかと思います。
ここの部分についてもしっかり伝える事でご理解いただけます。
③紹介制度
登録についてはすべて紹介制度となっております。
世の中にある紹介ビジネスは定期的に購入しなければいけないものがあったり、登録料が高すぎたりする事があり、登録者に辛い思いをさせるものが多いため、イメージが非常に悪いです。
しかし、このビジネスは無料登録で始まる事ができ、登録者もノーリスクでビジネスをする事ができます。また、誰でもできるビジネスなので、コロナの影響を受けている方からすれば非常に喜ばれます。

やはり調査員は保険の事を理解していないといけない!

本日、戸建てとアパート2つの調査に同行してきました。
戸建ては築年数が20年超、建物の保険金が1億5千万円でした。
とても立派な家で、この保険金は戸建てでは非常に高い金額です。
個人的には期待していた物件でしたが、
調査員の方に見てもらったところ、被害箇所はほとんどないとの回答でした。
理由は定期的に修繕をしていたからです。
もちろん保険を利用せず、自己資金で修繕をしておりました。
高い保険料をせっかく支払っているのに非常にもったいないです。

アパート2つについては築年数は15年ぐらいのものと30年ぐらいのものでした。
保険金額はともに5000万円ぐらいでした。
パッと見た感じでも築年数が30年ぐらいの物件の方が被害が多そうでしたが、
調査をしてもらった結果、築年数が15年ぐらいの物件の方が高い保険金が期待できるとの事でした。
調査員の感覚なので、まだわかりませんが、
築年数が15年ぐらいの物件の方が30年ぐらいの物件に比べて3~4倍ぐらい高い保険金になるんじゃないかとの事でした。
やはり素人が見ただけでは全然わからないです。
明らかに30年ぐらいの物件の方が被害がありそうな感じでしたが、それは劣化であり、被害ではないとの事でした。
劣化部分を見積もりに多く記載してしまうと、保険会社は調査会社が保険の内容を把握していないと判断し、
大きな減額、もしくは保険金0という事にもつながってしまうので、
しっかりと理解した人に調査依頼をしないと損をしてしまうかもしれません。

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************











本当にこんな請求をしても良いの?

2月に工場の建物調査をしました。
被害箇所も多く、見積もり金額は900万円を超えており、会社の社長に見積もりを見せました。
金額に驚き、本当にこんな請求をしても良いのか?とおっしゃっていました。
被害箇所の写真もお見せし、一つずつ確認いただいたところ、確かに被害はあるなと納得をされていました。
しかし、保険会社にその見積もりで請求をしたところ、本当に大丈夫なんだろうかと心配されていました。
全く悪い事をしていないのになぜか負い目を感じられてます。
おそらく、今でも火災保険は火事で利用するものだという認識強いため、
悪い事をしているという気になってしまっているんだと思います。

これを見ると本当に保険会社の思惑通りに人の心理が働いている事が良くわかります。
しかし、ちゃんと保険料を支払っているので、堂々と請求をすべきです。
これから保険会社から電話で連絡が入ると思いますが、
社長が弱気な態度を見せてしまうと保険会社はそこにつけこみ、大きな減額で交渉をしてくる可能性が高いです。
なんとか意識を変えて、対応していただき、本来補償される保険金を受け取ってほしいものです。

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************




3日間で25件の調査!!報酬の期待値は3日で750万円!

私の地元で3日間で25件の調査をお願いしました。
内訳は月曜日7件、火曜日7件、水曜日11件です。
移動距離がないように案件を集めたので、非常に効率よく調査ができたかと思います。
1日11件は私の最高記録です。
実は水曜日も当初は5件の予定でした。
しかし、調査をしている時に所有者の方から他に所有している物件が近くにあるから
ついでにそっちもやってほしいとなり、結果11件に増えました。

現在、私は2次代理店なので、報酬は18%です。
平均受給額が170万円ですので、単純計算でも約750万円が期待値です。
今回は倉庫や工場が半分近くはあったので、実際にはもう少しいい数字になるんじゃないかと期待しています。
たった3日で750万円です。
こんなビジネス他にありますか?
詐欺ならあるかもしれませんね。
人を騙して儲けるようなビジネスではなく、所有者の方にも喜んでいただけます。

今のコロナの状況でほとんどの方のお仕事に支障が出ており、
少しでもお金をうむ事ができれば非常に感謝されます。
ぜひこの事実を皆さんの周りに伝えてあげてください。

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************











廃業し、物件の売却も決まっていても保険金請求はできるの?

昨年、病院を廃業した先生がいらっしゃいます。
2月には病院の建物の売買契約も締結しておりました。
その後、この火災保険請求のお話をさせていただく機会がありました。
もう売却も決まっているし、すぐに引渡になるので、今からでは難しそうだよね。
と先生はおっしゃいました。
普通、そう思いますよね。
しかし、火災保険は保険契約期間内でかつ3年以内の被害については請求する事が可能です。
(建物が壊されてしまっていたり、今の所有者が非協力的だと難しいです)

すると先生はすぐに調査をしてほしいという事で病院と自宅を調査させていただきました。
まだ金額の確定はしておりませんが、保険金が出る旨は保険会社から連絡がありました。
あとは金額の落としどころです。
保険金が確定しましたら、アップしますが、数百万円です。

もし私が伝えていなければ、先生は請求する事はなかったと思います。
保険会社から保険金が出ると言われるまでは半信半疑でしたが、
今は非常に喜んでいただいております。
知らずに請求していなければ、数百万円の損になっていました。

皆さんも半信半疑でも良いので、下記より調査依頼をしていただければと思います。
損はする事はなく、最悪は保険金が0です。
やらないと損です。


下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************










保険金の決定金額における明確な判断基準はない!どうすれば高い保険金額になるの?

実は火災保険において、保険金の明確な判断基準はないです。
これも知っておくのと知らないのでは雲泥の差です。
ではなぜ明確な判断基準を作れないのか?

わかりやすいように自動車保険を例にします。
自動車で事故をしました。
その時にドアの一部に傷がついたので、保険会社に連絡をし、保険請求する事にしました。
この時にドアの傷を板金塗装で修理をするのか?それともドア交換までするのか?
これも明確に決まってないですよね?
ちょっとの傷であれば、多くの方は板金塗装で修理をすると思います。
しかし、車好きで普段から大切にしている人であれば、ドア交換を請求する人もいると思います。
このように同じような傷でも人によって修理の要求が違います。

火災保険も同じです。
被害箇所をどのように直すかは人によって異なります。
この直し方にノウハウがあり、保険金額に大きな差を生みます。

また、保険会社としてはできる限り保険金を減らしたいというのが本音なので、
見積もり額よりも小さい金額で交渉をしてきます。
この時に簡単にわかりましたと言ってしまうと負けです。
基本的には強気の姿勢で対応するという事が非常に重要です。
これだけで数十万円は簡単に上がります。
場合によっては数倍に上がる事もあります。
直近あったのは見積もり額が900万円に対し、保険会社からの提示額は600万円でした。
個人的には妥当なところかなと思う部分はありましたが、
その方はもう少し上げてほしいと700万円を提示しました。
その後、保険会社から連絡があり、650万円になりました。
金額が上がった明確な理由ははっきり言ってないです。
つまり保険会社の担当者の裁量で決まってしまうので、
どのような姿勢で保険会社に対応するかがとても重要です。
喧嘩をした方が良いと言っているわけではないので、勘違いしないでください。

それでも保険金額が上がらない場合ももちろんあります。
その場合はある方法を使いますが、これはノウハウなので、ここでは記載できません。

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************
















生活を脅かすコロナウイルスの影響

昨日も小池都知事からロックダウン宣言があるのではないかと噂が立っていましたが、
結局、特に重要な発言をしたという感じではなかったですね。
しかし、この流れは近いうちにロックダウンになる可能性はかなり高いのではないかと思っています。
ロックダウン自体は数週間ではあると思いますが、それでも企業に与えるダメージは大きく、
ロックダウンでないにしても、今の状態が続くと倒産してしまう企業も出てくるでしょう。

皆さんの会社は本当に大丈夫ですか?
大手で経営が安定していても、安心はできないと思います。
私は新卒で大手に入社した際に、入社前は大幅黒字だった会社が
入社1年目に大幅赤字になったという経験をしました。
まだ社会人になったばかりでしたし、あれだけの黒字の会社が
たった1年でこれだけの赤字になるというのが信じられませんでした。
会社が傾くという事にはならなかったですが、期待していたボーナスは
大幅に減少となり、残業も禁止になり、想定していた収入には届かず非常に残念な経験をしたことがあります。
この頃は入社1年目で、お金は自分が遊ぶために必要なだけでしたので、生活を脅かすというものではなかったです。
しかし、家庭を持っている方々は違います。
家族の生活費、学費など最低限必要になるお金があると思います。

そのような状況の中で急に給料30%カットや50%カットになったらどうしますか?
生活ができませんでは済まないですよね。
今回のコロナショックは企業も生き延びるために必死なので、
皆さんが想定していないような事を実行してくる可能性も想定しておかなければいけません。
しかし、そのような事が起きてからでは遅いです。(潤沢な資金があれば別ですが)

家族を路頭に迷わせたくなければ今のうちに準備をしておく必要があります。
副業は禁止なのでとか言っている場合ではないです。
この火災保険の請求ビジネスは稼ぎやすいビジネスだとは思いますが、
お金になるまでに早くても2か月ぐらいはかかります。
これはどんなビジネスでも同じだと思います。

なので、余裕がある間に動いておくことは非常に大事です。

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************










火災保険請求のビジネスは難しいのか?

火災保険の請求ビジネスは難しいのでしょうか?
まずビジネスの市場規模を考えてみます。
建物は日本国内で5000万戸以上あり、その内の8割以上が火災保険に加入しているので、
4000万戸以上がターゲットとなります。十分ビジネスが成り立つ市場規模だと思います。
実際に今までこのビジネスで不動産を所有している方にお話しした際に、
火災保険に加入していない方に出会ったことがないので、加入していない2割は
空き家などがほとんどかと思います。

次にリスクについて考えてみます。
調査を依頼しても、交通費や日当などは発生せず。調査や見積もり作成を無料で行います。
保険金がおりて、初めて成功報酬が発生しますので、損をするという事は絶対にありません。
もちろん保険金がおりない事があるので、それはちゃんと伝えておく必要はあります。
怪しい事をするわけではなく、保険証書に該当するものを保険金請求しますので、真っ当なビジネスです。
ここをしっかり伝えないと保険金詐欺のように勘違いされ、断られてしまいます。
ある意味、あなたの責任ですよね。
ノーリスクで忘れている保険金がおりる可能性があるのであれば、怪しくなれれば断られる理由がないです。

上記を考えた場合、あなたとの関係性が深い人ほど話が早いですよね。
親、子、兄弟、親族、友達、職場の同僚など数えていってみてください。
誰でも数十件はいくと思いませんか?
これだけでももしかするとあなたの年収よりも報酬をいただけるかもしれません。
こんなビジネスなかなかないと思います。
自分の親しい人間に保険の加入や商品の販売などをした場合、ほとんどのケースは金銭が発生します。
なので、話もしにくいし、変なものを紹介してしまった場合、関係が崩れてしまうということがあります。

この火災保険の請求ビジネスは請求できる事を教えてあげるビジネスなので、
伝えてあげて、怒る人はいませんよね。むしろ教えてくれてありがとうと感謝されるものです。
良い事は伝えるべきです。
特にコロナの影響もあり、金銭的なダメージを受けている方も多くいらっしゃるので、
少しでもお金を作ってあげる事ができれば本当に喜んでいただけます。
その結果、報酬がいただけるというものなので、ビジネスをしたという感じでもないかもしれません。

これを難しいと感じてしまったら、どんなビジネスも難しく感じてしまうのではないでしょうか?

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************
















成功報酬50%は高いの?

火災保険の請求サポートにおいて、保険金が出た場合には保険金の50%を成功報酬をしてお支払いする必要があります。
この50%は果たして高いのでしょうか?
このようなサポートを行っている業者は全国でも多数いますが、成功報酬としては30%~50%が多いのではないかと思います。
これだけを見ると成功報酬が50%というのは高いという事になるかと思います。

しかし、業者によって保険金の差が大きいため、成功報酬だけでは判断ができず、
大事なのは結果的にお客さんの手元に残る金額です。
大半はリフォーム業者などになりますが、リフォーム業者が保険証書を理解していると思いますか?
もちろんすべての業者が理解していないとは言いませんが、ほとんどの業者は理解していないと思います。
約款や証書を見ても、保険の知識がない人では意味がわからないはずです。
ですので、ほとんどの業者は建物を見て、保険金が出そうな部分を適当にピックアップし、とにかく多くの箇所で見積もりを作成します。適当に見積もりを作成し、多くの保険金が出るというほど簡単なものではないです。
この場合、大きな減額となる可能性が非常に高いです。
それでも少しでも出れば、お客さんは喜ぶので、それでも結果オーライだと思います。
しかし、せっかく請求するのであれば少しでも多くの金額を残したいですよね。

ちなみに保険代理店や保険会社に調査を依頼するという事は一番やってはいけない事です。
普段付き合いのある保険代理店や保険会社の方が安心感はあるかもしれませんが、
立場を考えていただければわかりますが、どちらも保険金を出したくない立場ですよね。
なので、最低限の見積もりを作成される事がほとんどです。

過去にこのような事がありました。
台風により自宅のカーポートが破損し、保険会社に相談をしました。
すると保険会社の鑑定人が来て、約30万円と査定されました。
しかし、納得ができず、こちらに依頼が来ました。
結果、約280万円の保険金が出ました。

この場合、成功報酬として約140万円を成功報酬として支払う必要はありますが、
手残りとしては約140万円です。
こちらに依頼をしていなければ、約30万円です。
差額は約110万円です。

これであれば成功報酬が50%でも良いんじゃないでしょうか?

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************







こんなものまで火災保険で保険金が出るの!?

火災保険は皆さんがイメージしている以上に該当するケースが多いです。
火災保険が適用される主な条件は下記です。
➀偶然の事故である事
②家財である事
③同居の家族やペットが壊したもの

では家財とはどういったものが含まれるのでしょうか。
○テレビ、ゲーム機、空気清浄機、ダイニングテーブル、タンス、衣類など
×エアコン、照明器具、畳など

例えば、偶然テレビに何かがぶつかり、画面が割れたケースや
ソファーを子供やペットが傷つけたケースでも保険金が出ることがあります。
なぜかスマートフォンを落としてしまい、画面が割れたケースというのは補償されないケースがほとんどです。
みなさん、保険金請求せずにご自身で修理や買い換えもしくはそのまま放置している方がほとんどかと思います。
なんのために保険金を支払っているのでしょうか?
せっかく保険金を支払っているので、該当する者はしっかりと請求しないともったいないです。

わかりやすく室内のものを例に挙げましたが、室外でもこういったものが多数あります。
ただし、保険会社や保険内容により、条件は様々なので、上記に挙げたものでも保険金対象にならないケースももちろんあります。
保険内容を約款などを読み、把握する事は困難ですよね。
なので、プロに任せ、調査や見積もりを作成し、保険の約款や証書に沿った請求をする方が良いというのはお分かりかと思います。
今まで請求できていなかったものをこの機会に請求したいという方は下記より物件のご登録ください。

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記より登録ください。
https://sys.world-sys.jp/KaiinToroku?kid=223_d0fd555b58cea7e8fa062f9516617206b539d038846272b453f5b8f0321b7881
*******************************************************************************










保険会社による保険金の違いが凄い!

あるオーナーさんが3つのアパートを所有しておりました。
3つとも築年数や状態はほぼ同じだったので、オーナーさんは保険金も同じぐらいになるかと考えていたようです。
違いは保険会社でした。
A物件とB物件はD社
C物件はE社
加入条件もほぼ同じで、被害箇所はもちろん異なっておりますが、見積もりのトータルの金額はさほど変わらないもので請求をしました。
ところが、保険金額にとても大きな差が出ました。
A物件、B物件は約800万円
C物件はなんと約50万円でした。
さすがにオーナーの方もガッカリしておりました。
その後、C物件の保険会社をD社に変更した事は言うまでもありません。

これほどの差はなぜ生まれるのでしょうか?
それは明確な基準がなく、保険会社の裁量で保険金が決定してしまうのが現状だからです。
なので、被害箇所に対してしっかり対応をしてくれる保険会社に加入しておくことは非常に重要です。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

火災保険会社ランキング

火災保険においてランク付けをしてみました。
Sランク  あいおい、AIG
Aランク  セコム、楽天
Bランク  東京海上、三井住友海上
Cランク  損保ジャパン、共済系

加入条件や被害状況によっても異なるので、あくまで個人的な見解で参考にしてください。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

加入する火災保険会社は非常に重要!!

火災保険を加入する保険会社によって、差はほとんどないと思っていませんか?
実は大きな間違いです。
保険内容はほとんど同じように見えても、保険会社によってスタンスが大きく異なります。
具体的な会社名はここでは開示しませんが、
A社の場合、請求金額に対して、被害に相当するものについてはほぼほぼ保険請求を認める
B社の場合、被害に相当するものでも、相手は素人だと思い、できる限り減額をしようとする

圧倒的にA社の方が良いですよね?
これは保険内容の違いではありません。
保険会社のスタンスの違いです。

ある会社は請求された金額よりもいくら減額する事ができたかを評価しています。
これはおかしいですよね?
こんな保険会社に加入していては万が一の時に自分の身は守れません。


良心的な保険会社に加入しておく事が自分の身を守る事になります。

そういった部分も下記に登録いただく事で情報共有されます。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

火災保険の保険金を最大限にするためには?

火災保険の保険金については、生命保険のように明確な線引きがなく、保険会社の裁量により金額が確定します。
つまり、保険請求するために作成する見積もりの内容によって、保険金額は大きく変動します。
それにも関わらず、多くの方が保険会社や保険代理店に相談をし、こういったところのお抱えの調査員に調査をしてもらっています。
保険会社や保険代理店はできる限り、保険金を出したくないというのが
本音ですので、そういったところに依頼した場合、保険金額に期待はできません。
また、知り合いのリフォーム業者に調査を依頼するケースもあると思います。
保険証書の事を理解している業者はほぼ存在せず、感覚で保険金が出そうな箇所をすべてピックアップし、見積書を作成します。
しかし、保険会社が見積書を見た際に保険証書に沿った内容になければ、見積作成者は保険の事を理解していないとみなされ、
大きな減額、もしくは保険金が全く出ないという事が多いです。
先日、相談を受けた旅館の方が以前別の業者に依頼し、2500万円で申請をして、結果保険金が全く出なかったという事がありました。
これは非常にもったいないです。
重要なのは保険の知識と建物の知識の両方を兼ね備えているという事です。
保険会社もプロです。プロに勝つためにはこちらもそのレベルまで上げないと保険会社の思うつぼです。

我々は既にこの1年で20億円ほどの実績がありますので、ぜひご依頼ください。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

火災保険の保険金を請求する事は怪しい事?

火災保険の保険金の話をすると怪しいと感じる方がいらっしゃいます。
実際に悪徳業者もいますので、そのように感じるのも無理はないです。
よくあるパターンは、
➀被害のない建物に対して、故意に手を加え、被害を演出する
②リフォーム業者が保険金を使えば無料で修理ができると伝え、
 リフォームを先行で行い、結果的に保険金が支払われず、自己資金でリフォーム費用を支払らわせる

しかし、我々は保険証書に沿って、真っ当に請求をするというものなので、負い目を感じる必要はございません。
あくまで保険証書に沿って、権利を主張するだけなので、堂々と請求しても良いのです。

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************

火災保険は火事しか保険金請求はできない?

火災という文字を見ると火事のイメージが強いですが、
実は火災保険は火事だけではなく、風災や水災など様々なケースで保険請求ができます。
しかし、ほとんどの方が保険金の受け取り漏れをしている可能性があります。
やはり火災保険✖ではなく、家災保険という漢字の方が良いのではないかと思います。

申請条件は2つだけ
➀築年数5年以上(戸建て、アパート、マンション、工場、倉庫など)
②火災保険に加入している事

平均受給金額は約170万円!! しかも、保険金の使い道は自由です。
これは請求しない方がもったいないですよね。
自動車で事故をしたのに、保険請求をせずにそのまま乗っているのと同じです。

この機会に調査をしてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせやビジネスを始めたい方は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com

下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

*******************************************************************************
全国どこでも無料調査、無料見積もり作成なので安心!
建築知識、保険証書を読み取る能力、保険会社の実態に関する知識を備えた調査員が伺い、
最大限の保険金が請求できるようにサポートします。(請求をしても保険金が出ない場合もございます)
依頼したい場合は下記にご連絡ください。
kasaihoken119sp@gmail.com
*******************************************************************************


プロフィール

4b3pbdl35y2j

Author:4b3pbdl35y2j
はじめまして!
火災保険の保険申請サポートをしております。
申請漏れをしている方が非常に多いので、可能性のある方はぜひご連絡ください。
我々は保険、建物に精通しており、保険証書に則って、最大限の保険請求をします。
平均受給金額は約170万円です。
ビジネスとしても活動もできます。
報酬は1件で100万円を超えることもあります。
下記、ワンクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お小遣い稼ぎランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR